初心者向け

初心者のサーフィンについて説明します

初心者がサーフィンをするには、その為のサーフボードは、ある程度全長が長くて、浮力のあるものを選んだ方が良いです。
ショートタイプのサーフボードは、浮力がなく、安定しないので、ビギナーには不向きになります。
ビギナーは、サーフボードと足を繋ぐ、「リグコード」を必ずするようにしないといけないです。
「リグコード」をしていないと、波に乗って、転倒した場合に、サーフボードが離れて行ってしまうからです。
また、ビギナーの場合には、薄いタイプの「ライフジャケット」を着用すれば、安心してサーフボードを楽しむ事ができます。
海には、潮流があり、サーフボードに乗る時に潮流に流されないように、地元のショップの人などから、ゲレンデの詳しい情報を事前に収集する方が良いです。
また、ビギナーの場合には、ある程度サーフィンをして、経験を積んでいる人に教えてもらう方が良いです。
また、安全の為に、夏場でも「ウエットスーツ」を身に付ける方が良いです。

初心者でもサーフィンを楽しむために。

サーフィンはマリンスポーツの中では手軽にできるスポーツですが、楽しむにはそれなりの技術が必要になります。
また、サーフィンをするにあたってさまざまなルールがあり、それを知ることも重要です。
初心者ならまずは、経験者にサーフボードの選び方や一緒に海に行ってサーフボードの乗り方や海でのマナーやルールなど、さまざまなことを教えてもらうのが大切です。
仮に身近に経験者の人がいなくても、サーフスポットには経験者が経営するサーフショップがあったりするのでそのようなサーフショップの経営者に連絡を取ってみたり、サーフショップによっては初心者向けの教室を開催していることもあるのでそのような教室に参加するのもいいと思います。
また、インターネットのソーシャルネットワークのサービスなどでサーフィンを趣味にしている人とコンタクトを取ってみたり、ブログにコメントをしたりして仲間を見つけて一緒に海に通う仲間を見つけるのもいいと思います。

Favorite

ノベルティ

2018/4/27 更新