自分に合ったボード選び

サーフィンのボードの購入について。

サーフィンをしたいなあ、と思ったとき、まず必要になるのがボードです。
サーフィンのボードは、サーフショップやスポーツ用品店ではもちろん、インターネットやリサイクルショップなどでも取り扱っています。
サーフショップなどの専門の店舗では、経験者のスタッフに相談すれば、経験や自分の希望に応じて適切な商品を選んでくれたり、必要に応じてその後のメンテナンスもやってくれたり、初心者なら実際に海に行って教えてくれたりすることもあります。
サーフィンのボードは主に2種類あり、初心者でも比較的簡単にできるような大き目のものと、少し技術は必要なものの、技を楽しめる小さめのものがあります。
どちらが自分にあっているか、またどちらがやってみたいか迷っているなら、経験者に借りて体験させてもらったり、サーフスポットの近くのサーフショップによってはレンタルをしているところもあるので、購入する前に一度体験してみるのもいいと思います。

自分に合ったサーフィンボードで練習を

サーフボードにはたくさんの種類がありサーフィンは今もなお進化し続けるスポーツであり絶大な人気を誇っています。
スケボーやスノボーとは違い常に動く波を相手にするからこそ難しく練習も大事ですが自身の身体能力に依存するスポーツといえるでしょう。
サーフボードは大きく分けて2種類あり、9フィート以上のものをロングそれ以下のものをショートといいます。
ロングの特徴としてはテイクオフまでが一番やりやすく浮力もあり失速もしにくいことから、初心者にオススメされています。
ただ波に乗るは一番やりやすいと言われていますが反面、波の上でコントロールするのは難しく重さと長さがあることから海の中では特に扱いに注意しなければならないといわれています。
一方のショートは基本的に中級者以上にオススメされるものです。
浮力がロングと比較して無くすぐに沈んでしまい、常に加速させる能力がなければ扱いが難しいとされ、乗れるようになるにはかなりの練習が必要といわれています。

pickup

探偵 大阪

Last update:2017/12/21